参加中学校紹介

※表の( )内は特別支援学級数と生徒数
※2013年9月2日現在

横須賀市立追浜中学校

名勝・金沢八景や大日本帝国憲法草案の地で知られる夏島の近くにあり、鷹取川に沿った学校までの通学路にPTA、地域、学校の協力で作り上げたフラワーラインが自慢です。
また隣には横須賀スタジアムがあり、プロ野球や高校野球を見ることができます。

学年 1年 2年 3年
クラス数 4 4 4 14 (2)
生徒数 159 140 144 443 (10)
1961年大規模校解消のため田浦中学校より分離独立。1980年鷹取中学校分離。

〒237-0061 横須賀市夏島町12
ウェブサイト

横須賀市立鷹取中学校

磨崖仏やハイキングコースで知られる鷹取山(標高183m)のすぐふもとにあり、学校周辺は多くの緑に囲まれています。
横須賀一の小規模校ですが、生徒は元気に熱心に活動しています。
まさに学校・地域・家庭が連携し合える学校です。

学年 1年 2年 3年
クラス数 2 3 2 8 (2)
生徒数 46 61 58 165 (8)
1980年追浜中学校より分離独立。

〒237-0066 横須賀市湘南鷹取2-30-1
ウェブサイト

横須賀市立田浦中学校

南に長浦湾、背には田浦緑地と鷹取山の峰に囲まれ、海せまる丘、大小の船が浮かぶ様子は平和産業と観光都市、そしていまだ残る軍港の街横須賀そのものの眺めです。
開校時には、まだ菊の御紋が飾られた建物がありました。
1956年には生徒数2,819名に達し、横須賀市内の中学生の18.4%を占めていました。

学年 1年 2年 3年
クラス数 5 4 5 17 (3)
生徒数 187 156 173 516 (17)
1947年旧海軍防備隊跡地に開校。1961年追浜中学校分離。

〒237-0076 横須賀市船越町7-66
ウェブサイト

横須賀市立坂本中学校

不入斗中学校とともに、初めてよこすかキャリア教育推進事業に参加したパイロット校で、モデル校にもなっています。
校舎の周辺は桜やイチョウなどの大きな木々が茂り、横須賀市の保存樹木に指定されています。
校門脇に沿った赤レンガの塀や門柱にわずかに昔の兵舎の名残をとどめています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 4 5 3 17 (5)
生徒数 127 174 115 416 (17)
1947年陸軍砲兵連隊が使用していた施設に開校。
1960年坂本中、桜台中、常葉台中学校に分離独立。
2007年桜台中学校と統合。

〒238-0043 横須賀市坂本町1-19
ウェブサイト

横須賀市立不入斗中学校

横須賀の中心街として栄えた上町地区に学校があり、現在では商店街のほかに文化会館、博物館、中央図書館、横須賀アリーナ、うわまち病院などがある文教地区になっています。
「いりやまず」と読む漢文による地名や学校名は全国でも珍しいと言われています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 4 4 5 15 (2)
生徒数 153 160 167 480 (7)
1947年開校。1956年には生徒数3,084名となり日本一のマンモス校になる。
1959年大規模校解消のため桜台中学校、常葉台中学校に分離

〒238-0043 横須賀市坂本町1-19
ウェブサイト

横須賀市立常葉中学校

横須賀の中心街に位置し、横須賀市役所、中央郵便局、社会福祉施設、警察署や税務署等の官公庁、よこすか芸術劇場をはじめ、文化施設が商店街と溶け合った地域にあります。
このような土地柄、学校施設の活用や生徒のイベント参加要請が多くあり、これらに積極的に参加しています。
また、同一敷地内に幼稚園から小学校・中学校までがあり、小中一貫校研究校になっています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 5 5 4 16 (2)
生徒数 164 167 158 489 (3)
1960年大津地区にあった旧海軍射撃場跡地の高台に開校。
1976年現在地に移転し校名を常葉中学校と改め開校

〒238-0004 横須賀市小川町18
ウェブサイト

横須賀市立公郷中学校

わずか120年程前、この地の多くは水田地帯、その後、陸軍練兵場を作るに当たり周囲が埋め立てられました。
学校もこの当時切り崩された跡地に建てられています。
学校の前にある「妙真寺」は応永年間に建てられた古い寺で、この寺にある「鰐口」には応永3年の銘があり県内最古のものです。
2013年度には租税教育で表彰を受けました。

学年 1年 2年 3年
クラス数 3 3 3 11 (2)
生徒数 91 108 116 315 (8)
1970年池上中学校公郷分校として開校。
1971年公郷中学校として独立。
1984年大矢部中学校開校に伴い一部生徒移籍

〒238-0022 横須賀市公郷町5-81
ウェブサイト

横須賀市立池上中学校

季節を彩るしょうぶやアジサイ、ふじの花等で有名な横須賀しょうぶ園の入り口にあり、部活動が活発で、朝や放課後、また休日にも明るい声が響き渡っています。
2013年度市内駅伝大会女子の部では見事優勝。
地域とのつながりを大切にしてお祭りや行事に積極的に参加、また地域の方々を講師にお迎えし学習会や講演会等で交流を図っています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 4 4 4 16 (4)
生徒数 137 130 143 410 (21)
1947年市立工業高校校舎の一部を借り開校。
1951年校舎完成により2部授業解消。
1970年公郷中学校分離。
1978年衣笠中学校分離

〒238-0035 横須賀市池上町3-5-1
ウェブサイト

横須賀市立衣笠中学校

日本さくら名所100選の一つに選ばれた桜の観光地で知られる衣笠山、また、三浦氏の本拠地だった衣笠城址(別名:鞍掛山)の近くに学校があります。
毎年4月、地元商店街が開催する衣笠さくら祭りに行われる三浦一党武者行列には、生徒手作りの甲冑を付けて参加しています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 4 5 4 15 (4)
生徒数 143 172 157 472 (3)
1978年池上中学校より分離独立

〒238-0032 横須賀市平作2-31-1
ウェブサイト

横須賀市立大矢部中学校

鎌倉時代に活躍した三浦一族の祖・三浦大介義明のお墓(宝篋印塔)、釈迦如来像、三浦大介義明坐像、天岸慧広像等がある満昌寺、近殿神社、満願寺、衣笠城址、清雲寺、磨崖仏など、周囲を三浦一族にまつわる史跡に囲まれた学校です。

学年 1年 2年 3年
クラス数 3 3 3 11 (4)
生徒数 123 116 119 358 (7)
1984年新規開校

〒238-0023 横須賀市森崎5-14-2
ウェブサイト

横須賀市立大津中学校

学校がある大津地区は、古代の遺跡、日本武尊と弟橘媛の史跡、幕末から明治にかけての開国に関する史跡が数多く存在しています。
学校の近くには、坂本竜馬の妻・お龍(おりょう)さんのお墓で知られる信楽寺があります。
「ふれあい教室」では生徒を含めた地域の方々が多数参加し交流しています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 8 7 8 25 (4)
生徒数 318 281 300 899 (7)
1976年馬堀中学校より分離独立(旧常葉台中学校校舎使用、現大津小学校)。
1979年生徒増加に伴い現在地に校舎完成移転

〒238-0808 横須賀市大津町5-2-1
ウェブサイト

横須賀市立馬堀中学校

春は桜、夏は深い緑、秋は紅葉に囲まれ、冬は屋上から白く雪を被った富士山や丹沢が遠望でき、また、山裾には地下水が湧きだし蛍も飛び交っています。
こんな自然環境の中で生徒は元気よく活動しています。
毎年猿島(東京湾に浮かぶ唯一の自然島)活性化ミッションを受け研究・提案をし、商品化(猿島チップス、カレンダー他)されています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 3 3 4 12 (4)
生徒数 117 105 110 332 (3)
1947年旧陸軍重砲兵学校校舎を転用し開校

〒239-0802 横須賀市馬堀4-25
ウェブサイト

横須賀市立浦賀中学校

日本初のレンガ積みドライドッグや、米国に向かう咸臨丸の整備が行われた浦賀港、その咸臨丸の艦長格・勝海舟が、航海の安全を祈願し水垢離をし断食したと伝えられる東叶神社等が学校の近くにあり、幕末から明治にかけての歴史資料を目にすることができます。
全校生徒が1,000名を超える横須賀一のマンモス校です。

学年 1年 2年 3年
クラス数 9 9 9 30 (3)
生徒数 344 358 328 1030 (12)
1947年、元浦賀造船所青年学校校舎を使用し開校。
1954年鴨居中分離独立

〒239-0822 横須賀市浦賀町3-60
ウェブサイト

横須賀市立鴨居中学校

ガリバー上陸の地で知られ、ゴジラ上陸の地?かも知れない多々良浜海岸や走水、また、東京湾の交通安全を守る日本初の洋式灯台「観音埼灯台」や横須賀美術館等が近くにあり緑豊かな自然に囲まれた学校です。
鴨居港からの眺めは、東京湾を行きかう船や対岸の房総半島が、パノラマ写真のように広がっています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 5 5 5 18 (2)
生徒数 169 183 182 534 (5)
1954年鴨居小学校校舎を転用し開校。
1963年旧海軍材料置き場を整備し新校舎完成。
2010年上の台中学校と統合

〒239-0813 横須賀市鴨居3-2
ウェブサイト

横須賀市立岩戸中学校

横須賀リサーチパーク(YRP)の近代的な建物と緑豊かな自然に囲まれたふもとに学校があります。
総合的な学習の一環として、特技や技術を持った地域の方々を講師(師匠)にお迎えしてゼミ教育が行われています。
和太鼓や民族舞踊は地域のお祭りに参加、民謡は市民発表会に特別参加しています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 3 3 3 11 (2)
生徒数 95 100 100 295 (4)
1987年久里浜中学校より分離独立

〒239-0844 横須賀市岩戸5-6-3
ウェブサイト

横須賀市立久里浜中学校

嘉永のむかし黒船が、鎖国日本をゆすぶって開国迫る警世の狼煙を上げたドラマの地(堀口大学詩)ペリー上陸の地久里浜に学校があります。
JRや京浜急行の久里浜駅からも近く交通も便利です。
学区が大変広い中学校で、学校選択制による学区外も含め、年々生徒数は増加して校内がとても賑やかです。

学年 1年 2年 3年
クラス数 7 7 7 24 (3)
生徒数 281 258 278 817 (21)
1949年久里浜小学校内に開校。現在地に移る。
1979神明中学校開校に伴い分離。
1986年在籍生徒数が県下一となる。
1987年岩戸中学校開校に伴い分離

〒239-0831 横須賀市久里浜2-11-1
ウェブサイト

横須賀市立神明中学校

春にはポピー、秋にはコスモスが咲き誇る「くりはま花の国」の入り口に学校があります。
学校の周辺はいつも四季折々の花々が咲き、多くの観光客でにぎわっています。
地域で行われる数々のイベントに生徒は積極的に参加し、喜ばれています。
また、地域の大人たちが講師となるゼミ教育が行われ、発表会には多くの地域住民も参加しています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 5 4 5 16 (2)
生徒数 168 160 169 497 (7)
1979年久里浜中学校より分離独立

〒239-0832 横須賀市神明町903
ウェブサイト

横須賀市立野比中学校

日本の旅客駅としては4番目で、JR以外では初めて名称にアルファベットを含む駅となったYRP野比駅が最寄り駅です。
山の上にそびえる横須賀リサーチパーク(YRP)は、電波情報通信技術に特化した研究開発拠点として1997年に開発されました。
施設見学や職場体験などにもご協力を頂いています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 3 4 3 12 (2)
生徒数 103 149 98 350 (10)
1979年久里浜中学校より分離独立

〒239-0841 横須賀市野比4-4-1
ウェブサイト

横須賀市立北下浦中学校

風光明媚で温暖な長沢の地にあり、緑に囲まれ、教室からは多くの船が行きかう東京湾や対岸の房総半島が見えます。
小中一貫校の研究校として2校の小学校との連携に取り組んでいます。
地域も家庭的な雰囲気であり、学校行事や地域行事で交流が盛んに行われています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 3 2 3 10 (2)
生徒数 94 59 93 245 (4)
1947年旧海軍対戦学校を転用し、野比中学校として開校。
1949年久里浜中学校分離
1959年には現在の校名に改称
1977年野比中学校分離
1985年長沢中学校分離

〒239-0842 横須賀市長沢231
ウェブサイト

横須賀市立長沢中学校

学校敷地内には、地域学校連携で開墾した農園があります。
初夏にはジャガイモ、初秋にはサツマイモを全校生徒で収穫。このサツマイモを使ってよこすか産業祭りにて、生徒たちが加工・販売を行います。
1次産業から2次・3次と、計6次産業の職業体験を実施しています。

学年 1年 2年 3年
クラス数 4 4 4 15 (3)
生徒数 149 150 126 425 (17)
1985年北下浦中学校より分離独立

〒239-0842 横須賀市長沢5-1-1
ウェブサイト

横須賀市立長井中学校

相模湾に浮かぶ名峰富士、丹沢・大山連峰、江の島から伊豆半島、晴れた日には伊豆七島が見渡せる小高い丘の上に学校があります。
近くには長井漁港やソレイユの丘があり、長井小学校との交流も含め、地域連携が盛んな土地柄です。

学年 1年 2年 3年
クラス数 2 3 3 9 (1)
生徒数 67 80 83 230 (3)
1947年旧砲術学校長井分校を使用し開校。
武山中学校開校のため生徒分離

〒238-0316 横須賀市長井5-12-1
ウェブサイト

横須賀市立武山中学校

武山不動で有名な武山や三浦富士のふもとにあり、田園や公園に囲まれた緑豊かな自然の中に学校があります。
開校当時からありシンボルツリーにもなっている「くすの木」が大きく育っています。
地域環境美化活動や介護施設訪問などのボランティア活動も盛んです。

学年 1年 2年 3年
クラス数 5 6 6 20 (3)
生徒数 206 222 217 645 (14)
1947年長井中学校より分離独立

〒238-0313 横須賀市武3-31-1
ウェブサイト

横須賀市立大楠中学校

相模湾からの暖かい風を受けて、生徒も楠の木(衣笠小より移植)もすくすく育っています。
近くには三浦半島最高峰の大楠山(241m)や、浮世絵で有名な「秋谷の立石」があります。
環境ボランティア実践校として現在、生徒会を中心に活躍中です。

学年 1年 2年 3年
クラス数 3 3 3 11 (2)
生徒数 85 81 95 261 (4)
1947年大楠小学校の一部を使用し開校
1964年現在の場所に新校舎完成、移転

〒240-0104 横須賀市芦名1-2-1
ウェブサイト